評判の悪いクリニックを受診しないために気を付けること

 

 

包茎治療を専門クリニックで受けたいと思う人は、
病院選びを慎重に行わなければなりません。

 

なぜなら、治療技術やサービスのレベルは、病院によって異なっているからです。
それを考えずに適当に病院を選んでしまうと、手術に失敗してしまう可能性があります。
その理由は、包茎クリニックの中にも経験の浅い執刀医を擁するところがあるからです。

 

これから包茎クリニックを利用される方は、ぜひこの点のリスクを考えておいてください。
対策としては、いろんな病院の評判や実績を調査して、信頼できる病院に治療をお願いすることです。

 

包茎クリニックで治療を受ける前に確認しておきたいリスク

包茎専門クリニックを利用することにはとても多くのメリットがあります。
その反面、あらかじめ考慮しておくべきリスクもあります。

 

どのようなものなのか、包茎クリニックで治療を受けたいと思っている方向けに詳しく調べてみました。

 

 

 

泌尿器科よりも費用が高くなるというデメリット

 

包茎クリニックで治療を受ける場合に考えておかなければならないリスクの一つは、高額な治療料金です。

 

なぜ考慮しなければならないかというと、それは包茎クリニックが自由診療だからです。
自由診療ということは保険適用外、つまりかかる費用は全額自己負担になるということです。
したがって、高度な治療になればなるほど料金が高くなり、患者の経済的負担は重くなっていきます。

 

泌尿器科では保険適用ができるので費用負担は少なくなりますが、
自由診療の包茎クリニックではそういうわけにはいきません。
したがってこれから包茎クリニックを受ける人は、費用計算と資金計画をしっかり行っておく必要があります。

 

 

信頼できるクリニックが自宅の近くにない場合もある

 

せっかく評判のいいクリニックが見つかったのに、そのクリニックが遠方にあるという場合もあります。
これも一つのリスクとして考えておく必要があります。
なぜなら、遠方のクリニックに治療を受けるということは、それだけ交通費がかかってしまうからです。

 

包茎治療は手術は一回で済みますが、アフターケアや経過観察などを含めると数回は通院しなければなりません
そうすると、遠方のクリニックであればあるほど、交通費が多くかかるということになります。
したがってこういう状況に該当する方は、あらかじめ費用について細かく計算しておく必要があります。

 

包茎クリニックにはメリットばかりでなく、注意しておくべきリスクもあります。
それは高い料金や病院選び、遠方のクリニックを利用する場合の交通費などです。

 

包茎クリニックで治療する場合は裏筋温存した方が良いの?

包茎治療をするとき一つ問題になるのが、裏筋温存です。

 

この部分を余分な包皮と一緒に切除するかそれとも残すのか、迷う方もおられるでしょう。
ここではその問題について役に立つ情報を紹介していきます。

 

 

そもそも裏筋にはどんな役割があるのか

 

温存するしないを論じる前に、まずは裏筋とは何なのかを説明しましょう。

 

裏筋とは、正式には陰茎小帯と呼ばれるもので、いわゆる性感帯のことです。
外部からの刺激を受けて気持ちいいと感じたり興奮したりするのは、この裏筋があるからで、性的感覚のいわばセンサーということができるでしょう。

 

包茎手術を受けるときにこの裏筋を一緒に切除してしまうと、性感帯が失われてしまい、感度が下がると言われています。
これはどういうことかというと、性行為で感じる気持ちいいという感覚が、感じにくくなるということです。
それが本当なら、まさしく裏筋は性感帯の役割を果たしていることになります。

 

 

裏筋温存をするもしないも本人の自由

 

前項で説明したとおり、裏筋こと陰茎小帯は性的興奮を感じ取る性感帯です。

 

それを前提に考えた場合、裏筋温存をするかしないかは、人によって二つに判断が別れます。
つまり、性的感度を下げたくないと思う人は温存を希望し、
感度を下げてもいいと考える人は温存を希望しないということです。

 

性感帯を保つかどうかは患者の自由な選択になりますので、
それに伴って裏筋温存の判断も患者が自由に判断することができます。
したがって裏筋温存をするかしないかについては、どちらを選択しても間違いではないということになります。

 

 

体の負担を考えるとできれば温存したがほういい

 

裏筋温存をするかしないかは、患者の自由な判断に委ねられます。

 

しかし、体にかかる負担のことを考えれば、裏筋は残したほうがいいといえるでしょう。
なぜなら、裏筋温存することによって、メスで切除する範囲を狭くすることができるからです。
そして切除範囲が小さくなれば、その分、体にかかる負担を小さくすることができます。
負担が軽ければ術後の回復も早くなるので、このことは患者にとってメリットがあります。

 

こうしたことを考えると、裏筋温存はなるべくしたほうがいいでしょう。
ただし実際に手術を行うときは、医師の知見とアドバイスを聞いたうえで決断しなければなりません。

 

裏筋温存の判断はケースバイケースであり、患者の置かれた状況によって異なります。
したがって手術をするときは、専門医とよく相談しなければなりません。

治療跡で残るかもしれないツートンカラーとは

これから初めて包茎治療を受ける人は、治療のリスクについても考えておかなければなりません。

 

その一つがツートンカラーですが、今回はこれについて解説していきます。
ツートンカラーとは何か、なぜ起きるのか、またどう対処すればいいのかをみてみましょう。

 

 

 

包茎治療におけるツートンカラーの状態とは

 

ツートンカラーの状態を知りたい人は、2色でカラーリングされた車のことを想像してください。
車の中には一色で統一されたものもありますが、中には上と下で色が異なるツートンカラーの車があります。
これと同じ状態が、包茎治療におけるツートンカラーです。

 

つまり本来一色であるはずのペニスの色が、2色に別れている状態のことです。
このツートンカラーの状態は見た目が不自然で、とても綺麗には見えません。
ほとんどの人にとってデメリットになります。

 

そのためツートンカラーにならない手術を希望する人が多いのですが、
そもそもツートンカラーになってしまう手術とはどのようなものでしょうか。

 

 

機能面を重視する環状切開法について

 

ツートンカラーを招いてしまう包茎手術とは、ずばり環状切開法のことです。

 

この手術の特徴は、文字通り余分な包皮を環状に切開して包茎を改善させることです。
そして切開した包皮を縫合して縫合ラインが出来上がりますが、
ツートンカラーはこの縫合ラインによって出来てしまいます

 

なぜなら、ラインの下と上で色の違いがくっきりと出来てしまうからです。
この環状切開法は以前は包茎手術の主流でしたが、今では完全に傍流となっています。
その理由はいうまでもなく、時代と共にツートンカラーにならない手術が台頭してきたからです。

 

治療に満足できなかった場合の再治療について

 

包茎治療の結果に納得できなかったら、そのときは再治療を受けることになります

 

再治療ですが、受ける前にいくつか覚えておくべきことがあります。
これから一つずつ説明していきますので、ぜひ最後まで目を通しておいてください。

 

 

再治療できるクリニックとできないクリニックがある

 

包茎クリニックの治療に満足できなかった場合の再治療ですが、
どこでも受け付けてくれるわけではありません。

 

大手のクリニックを中心に再治療に応じてくれるところもありますが、
応じてくれないところもあるので注意が必要です。
さらに、再治療をしてくれるクリニックの場合でも次のことを知っておく必要があります。
それは費用が無料ではなく、有料だということです。

 

人によってはお金がかからないと思っている人もいますが、そんなことはないので注意しておいてください。
有料になる理由は、再治療といえども失敗の保証をするというわけではないからです。

 

 

カウンセリングによって再治療ができないと判断されることもある

 

再治療を受ける方はどこのクリニックを利用するにしても、必ずカウンセリングを行うようにしてください。
なぜなら、結果次第では再治療が受けられなくなることもあるからです。

 

人間の体は玩具ではないので、何度も繰り返し修正手術を行うことはできません。
カウンセリングによって手術に耐えられない状態だと判断されれば、残念ながら再手術はできません。

 

いずれにしても、再治療の前にカウンセリングを受けることはとても重要です。
そこでじっくりと医師と話し合っておけば、より完成度の高い再治療ができるからです。
なお、カウンセリングの結果に満足できなかった場合は、
別のクリニックでカウンセリングを受け直すという選択肢もあります。

 

 

そもそも再治療はなるべくしないほうがいい

 

包茎の再治療をするということは、それだけ余計に体にメスを入れるということを意味します。
できれば避けてほしい事態ですが、避けるためには最初から治療に失敗しないことです。

 

では失敗しないためにどうすればいいかというと、
1度目に治療を受けるときの病院選びを慎重に行うことです。
始めから技術レベルの高い病院で治療を受けておけば、失敗はありませんし、再治療も受けなくてすみます。

 

ですから、病院を選ぶときは慎重に口コミや評判をチェックし、本当に信頼できる病院に任せるようにしてください。
特にこれから初めて包茎治療を受ける方は、この点を注意しておきましょう。

 

包茎治療の結果に満足できなかったとしても、再治療によって修正することができます。
ただし、何度も体にメスを入れるのは望ましくないという点も心得ておきましょう。

 

悪徳業者に引っかからないためのチェックポイント

 

包茎クリニックには、いい業者もあれば悪い業者もあります。
悪い業者に引っかかると金を騙し取られてしまうこともあるので、これに注意しなければなりません。
ここではそうした悪徳業者を見破るためのチェックポイントを紹介していきます。

 

 

極端な安い料金には注意を払う

 

悪徳な包茎クリニックを見分ける一つのポイントとして、極端な低料金に騙されないよう注意しましょう。

 

包茎クリニックには、泌尿器科と違い健康保険が適用されません。
したがって料金はどこも高いのが当たり前ですが、その中であえて低料金を提示しているところもあります。

 

実はこういった業者には、注意しなければなりません。
なぜなら、そういう業者は低料金で集客を行い、
後になって高額な料金を請求するという目論みがあるからです。

 

よって極端な低料金を提示するクリニックを見かけたら、
必ずその料金がすべてを含めた金額であるかどうかを確認してください。
そしてそれが基本料金だけだと分かったら、そうしたクリニックでは治療を受けないようにしましょう。

 

 

自由診療なのに身分証明の提出を求めてくる

 

包茎クリニックは健康保険が適用されない自由診療のため、
本来は身分証明書の提示は必要ありません
それにも関わらず、身分証明書を提出しなければ治療が出来ないと言ってくるクリニックもあります。

 

もしこういうクリニックを見かけたら、悪徳業者の可能性が高いと思ってください。
なぜならそういう業者は、自由診療の仕組みを理解していないことになるからです。

 

このように、健康保険が適用外の包茎クリニックで身分証明書の提示は求めてくる場合は、
別の魂胆があると考えていいでしょう。

 

 

 

修正手術の依頼件数をチェックする

 

悪徳業者である包茎クリニックが使う手口の中には、
皮を残したまま治療を終えるというものがあります。

 

これはどういうことかというと、わざと未完成な手術を行って
修正手術を依頼させようとしているのです。
そうすればクリニックは数回に渡って料金を請求することができ、
一回で完治させるよりお金が儲かるのです。

 

患者としてはこういう手口に騙されないよう、あらかじめそのクリニックの修正手術の依頼件数を確認してください。
そしてもしその件数が多いようなら、そのクリニックは避けたほうがいいででしょう。

 

悪徳クリニックの手口にはさまざまなものがあります。
これから治療を受ける人は細心の注意を払いながら、慎重に病院選びを行いましょう。

 

おすすめサイト
ペニス増大サプリ